IELTSってご存知ですか?

IELTSとは

f:id:ukey66:20190310100357j:plain
IELTS公式サイトより

日本で英語の試験と言えば、TOEIC(と英検)が主流で、それ以外は知らない人が大多数なのではないでしょうか?しかし、海外ではTOEICはマイナーで、英語の試験としてはTOEFLと並んでIELTSが主流です。海外で外資系企業に就職したい方、留学したい方、移住したい方はどちらかのスコアが必要になるでしょう。僕が今滞在しているベトナムでもIELTSが多く受験されています。ホーチミン市内にも語学学校はたくさんあり、IELTSのポスターをよく見かけます。

テストの構成

f:id:ukey66:20190310101152j:plain
IELTS公式サイトより

IELTSは入学で必要とされる「アカデミック・モジュール」と移住や就職で必要とされる「ジェネラル・トレーニング・モジュール」の2タイプがあり、応募の段階でどちらかを選んで受験します。どちらのモジュールも試験構成はリスニング(30分+解答シートに書き写すための10分)、リーディング(60分)、ライティング(60分)、スピーキング(10数分)で、スコアは各科目とOverall(総合)が0.5刻みのバンド0(最低)~9(最高)で表されます。両モジュールともリスニングとスピーキングは共通の問題(方式)で、リーディングとライティングは問題に少し違いがあります。

必要なスコア

f:id:ukey66:20190310101302j:plain

大学入学にはだいたいアカデミックのバンド6~7が必須となります(「米国の各大学で必要とされるIELTSスコア」参考)。Overallだけでいいのか各科目を見られるのかは学校によって違います。移住申請に関してもジェネラルでだいたい同じくらいのスコアが要求されますが、特定の専門技術者は必要スコアが少し低く設定されたり(カナダ永住権等)と、条件が少し複雑になります。

世界各国で受験可能

ILETSは世界各国で受験可能です。実際、僕は今月の初旬にベトナムで受けましたし、僕の他にも少しですが外国人も受験していました。筆記試験はホーチミン市内のホテルで、スピーキングの試験はその二日後にブリティッシュ・カウンシルの施設で受けました。スピーキングは筆記試験の後日に行われるパターンが多いです。

受験料はどこで受けてもほぼ一緒ですが、為替レートによって多少変動します。日本の場合税込み25,380円ですが、ベトナム(2018年1月2日支払い)の場合、23,939円でした。



www.ukey66.com

申し込みから受験当日の流れはこちら。