海外でクレジット(キャッシュ)カードを紛失した時にすること

クレジット(キャッシュカード)をなくしたらやる4つのこと

f:id:ukey66:20190310130211j:plain

先日ATMで現金を引き出した際、クレジットカードを抜き忘れて吸い込まれるという大失敗をしてしまったので、その場合の対応について書きたいと思います。カードをなくしたら焦るかと思いますが、パニックにならず冷静に対応しましょう。海外でカードの紛失・盗難の際にやることは以下の4点です。日本国内でも基本的な流れは同じです。

① カード会社に連絡してカードを停止する

三者の不正利用を防ぐためにカードの利用をストップさせます。ただし、自分も使えなくなりますが、背に腹は代えられません。また、基本電話で手続きすることになるので、すぐに連絡が出来るように、SIMフリーの携帯と通話できるSIMカードを購入していた方がいいでしょう。また、必要なら暫定的な緊急カードを発行してもらえます(滞在地によってはできない場合も有り)。緊急カードの料金はカード会社・カードの種類によって異なります。ゴールド以上なら無料、平カードなら10,000円程度の場合が多いです。

②再発行の手続きをする

電話、もしくはホームページから可能です。料金は緊急カードと同じような仕組みですが、こちらは有料の場合で1,000円程度です。カードの再発行が家に届くまで1週間ほどかかるので帰国予定日から逆算して手続きするといいでしょう。

③ 登録済みの毎月の支払を別のカードに変更する

f:id:ukey66:20190310130446j:plain

停止したカードが公共料金などの継続利用で登録しているカードである場合、別のカードを登録する必要があります。僕は利用しているSpotifyNetflixの登録カードを変更しました。

④支出をチェックする

身に覚えがない利用ないかWEB明細等でチェックしましょう。利用明細に反映されるのは数日から数週間かかるので、しばらくはちょくちょくチェックした方が良いでしょう。

ATMは大きく分けて二種類ある

現金を引き出す場合、カードが先に出るタイプと、現金が先に出るタイプがあります。また、後者はカードを抜き忘れている場合、警告音が鳴って知らせてくれるタイプとそうでないタイプがあります。ちなみに、今回自分は現金を受け取れていたので、現金が先に出て警告音もしないタイプのATMだったのでしょう。

対策としてキャッシングできるカードを2枚所持する

ATM利用の際、気を付けるというのは前提ですが、何事もミスは付き物です。また、自分に非がなくてもATMの不具合でカードが吸い込まれるケースは起こり得ます。もしもあなたが海外に行く際、クレジットカードを一つしか持ってない、あるいはカードは複数持っているけど、キャッシングができるカードは一つしか持ってないという場合、もう一つキャッシングできるカードを持っておくことをおすすめします。

尚、利用通知が来るカードが特におすすめです。例えば、僕がメインカードにしていて今回なくしちゃったエポスカードは基本的に1,000円以上の利用があった場合、すぐにメールで知らせてくれます(大抵利用から数分以内で来ます)。不正利用をチェックする上でとても有効なサービスですが、提供しているカードはそれほど多くありません。