ベトナムの映画館は激安

目を閉じれば夏が見える(NHẮM MẮT THẤY MÙA HÈ)

ベトナム在住ブロガーの何人かがとっくに紹介済みですが、邦題「目を閉じれば夏が見える」という映画がベトナムで上映中です。北海道が舞台・撮影地で、そこで出会う日本人男性とベトナム人女性の交流(ラブストーリー)を描いた作品です。ホーチミン在住の僕の彼女は友達と見に行ったそうです。彼女が言うには、日本人男優は良かったけど、ベトナム人女優(演技ではなく作品のキャラが?)はあんまり良くなかったとのこと。

ただ、劇中歌がかなり気に入った模様。繰り返し聞いているようです。僕も良い歌だと思います。

そういえば、フィリピン留学中、ある先生が去年7月からフィリピンで放映された「Kita Kita」という映画がとても良かったと言っていました。こちらも北海道が舞台です。

さて、前置きはこれくらいにして本題に行きます。

ベトナムの映画館はめちゃくちゃ安い

f:id:ukey66:20190405215931j:plain

元々安い料金設定

ベトナムではとても安く映画館で映画が見れます。映画館、作品、座席、時間などによって異なりますが、普通席でだいたい500円以下です。今回はCGVを例にします。CGVは韓国系の映画館で、ベトナムでは特に設備が良いと言われています。

f:id:ukey66:20190405220126j:plain

上の作品は、85,000ドン(約425円)となっています。プライムシートで90,000ドン(約450円)、デラックスシートでも二人で220,000ドン(約1,100円)と日本の3分の1くらいの値段です。まぁ日本が高すぎるっていうのもありますけどね。ちなみに、店舗によって色んなシートがあります。

f:id:ukey66:20190405220224j:plain
CGVのプロモーションの一部

さらに、これだけでも十分安いのに、色んなお得なプロモーションがあり、プロモーションによっては激安になります。特におすすめなのは「Visa Couple 2017-2018」(写真右下)というVISAペアチケットのプロモーションです。

「Visa Couple 2017-2018」プロモーションの内容

f:id:ukey66:20190405220500j:plain

・ペアチケット
・どの作品(ただし2D)でも70,000ドン(約350円=一人約175円)
VISAカードでの支払いが必須
・定員に限りがあるが、枠が空いている限り、一日1回、期間中(今年いっぱい)何度でも使用可能

普通席だけかと思ったのですが、それ以外の席(プライムシート等)でも使えました。二人で見るなら、絶対試してみるべきプロモーションだと思います。というかペアチケットですけど、一人分の通常価格より安いので、一人でも使えばいいと思います(笑)

「Visa Couple 2017-2018」プロモーションの適用方法

f:id:ukey66:20190405220638j:plain

支払い方法の画面で、Step1の「Partnership payment/ Points」をクリックするとVisa coupleのプロモショーンが表示されるので、「Apply」をクリックします。そうすると「Discount」に反映さるのでそのまま進んでいけばOKです。先走ってStep2の「Credit Card」をクリックしないように。そっちを先にクリックしてしまうとプロモーションの選択画面が出てこなくなります。その場合は右上のResetをクリックするとやり直せます。

f:id:ukey66:20190405220654j:plain

枠がなくなった時はこのような画面になります。毎朝9時に枠が回復するので、翌日再チャレンジして下さい。結構すぐなくなるので9時きっかりにチェレンジした方がいいと思います。

海外の映画館に一度は行ってみるのもいいかもしれない

f:id:ukey66:20190405220743j:plain

この記事は主にベトナムに長期滞在している(する予定の)人用の記事ですが、短期旅行で外国を訪れる人もよかったら映画館に足を運んでみてはいかがでしょうか?映画館なんてどこだって同じようなものだとお思いでしょうが、意外に相違点もあります。僕はこれまでカナダ、マルタ、フィリピン、ベトナムの映画館に行ったことがあります。例えば、マルタでは作品の中間でトイレに行ったりするための15分程度の休憩が挟まれます。日本ではぶっ通しが当たり前ですが、この休憩システムが採用されている国は他にもたくさんあるそうです。また、フィリピンでは上映開始前に国歌が流され、観客は皆起立します。これはちょっと驚きましたね^^;まさか映画館で国歌が流れるとは思ってもいませんでした。このように、意外に日本と異なる点もあったりするので、見たい作品が上映されていれば行ってみることをおすすめします。日本と比べれば、先進国を含めてだいたいどこも映画館の料金は安いです。