引っ越し前にパソコン環境の見直し

前置き

苦労しましたが、先日やっと引っ越し先が決まりました。審査も支払いも終わり、後は賃貸契約を結ぶだけという状況です。約40㎡(12坪)の2DK、家賃(共益費込み)6万円の物件です。詳細は割愛しますが、個人的にはかなりコスパの良い物件なのではないかと思います。

今回の記事は完全に自分の思考を整理するためのものです。SEO的にもくそだと思います。暇な方だけでも読んでいただけたら幸いです。。

f:id:ukey66:20190627210057j:plain

パソコン環境の選択肢

さて、年明けくらいから色々な物を処分してかなり物を減らすことができたのですが、最後にパソコン・デスク周りをどうするかでずっと悩んでいます。最適解を導くためにほぼ毎日と言っていいほどググっています。具体的には、PC本体、モニター(ディスプレイ)、キーボード、スピーカー、マウス、WEBカメラのうちどれを手放すか、手放すとすればどんな代替物にするかです。できればデカいデスクトップPCをダウンサイズしたいと思っています。

ちなみに圧迫感が凄いデスクトップをデスクの上に置いているのは下に置くとイヤホンが耳に届かないからです。基本的にスピーカーから音を出していますが、たまにイヤホンを使う時もあります。

<自分が考える選択肢(上から順にすっきり度が高い)>
①ノートPCのみ
②ノートPC+(モニター、スピーカー、マウスのいずれか)
③一体型PC+キーボード+マウス
④スリム・小型PC+モニター+スピーカー+キーボード+マウス+WEBカメラ
⑤デスクトップPC、モニター、キーボード、スピーカー、マウス、WEBカメラ=現状維持

パソコンの用途と重要なポイント

・画像編集程度ならどのタイプのPCでも対応可能

パソコン環境を決めるためにまず用途を明確にしないと話になりません。自分の場合、家での据え置きの使用のみで外への持ち運びは考えていません。以前は留学中に使うためにノートパソコンが必須でしたが、今はスマホがあるので1週間程度の旅行なら持って行かなくても問題ありません。そして、元々タワー型を買った理由は、ゲームのためですが、今はもうゲームは卒業したので、特にグラフィック性能も必要ありません。現在の趣味は写真なので、写真編集・RAW現像が快適にできるスペックがあれば十分です。

なので、デスクトップ、特にタワー型である必要はなく、性能的には上記のどの選択肢でも不足はないと思います(流石にスティックPCの性能ではきついので、選択肢に入れていません)。そこで問題になるのは、CPUやメモリーなどの本体スペック以外のところで、モニター、スピーカー、キーボードにこだわるかどうかです。

・モニター

モニターに関しては、画面サイズに加えて色域もポイントになります。現在使っているのはBenQのSW240というカラーマネジメントモニターで大変気に入っています。そのうち記事にするかもしれません。写真編集用モニターでおすすめを聞かれたら自信を持ってこれを推します。

・キーボード

キーボードに関しては、ノートPCだと個人的にほぼThinkpad一択になります。基本的にノートPCのキーボードの打ち心地は外付けキーボードにかなり劣ります。ノートPCはとにかく薄い・軽いが正義でキーボードの質は犠牲になっています。個人的にはモバイルノートはともかく、ホームノートにはキーストローク深めの打ち心地の良いキーボードを積んでほしいです。

使っているのはデスクトップPCとセットで付いてきたロジクールのK270という超安物キーボード(今アマゾンで1600円)です。こんなに安いのにノートPCのキーボードに比べたら遥かに打ちやすく、耐水で電池持ちも凄いです。ロングセラーなのも頷けます。

・スピーカー

スピーカーについても、ノートPCは残念ながら数千円の外付けスピーカーに大きく負けます。これまでノートPCのスピーカーは鳴ればいい程度のものでした。最近やっとスピーカーを売りにしたノートPCが出始めましたが、スピーカーの質は結構物理サイズに左右されるので、依然外付けには負けているのが現状です。スピーカーに力を入れている一体型PCでやっとそこそこの外付けスピーカーに並ぶ感じです。

自分が使用しているスピーカーは、有名なので知っている方も多いかもしれません。バスパワーなので電源コードが不要でPCに繋ぐだけで使えて便利です。音質も個人的には十分で価格も安く、コスパはかなり良いのでおすすめです。

この記事に続きます。