バナヒルズ(Bà Nà Hills) に行くなら一泊するべき

サンワールド・バナヒル

f:id:ukey66:20191029144112j:plain

ヨーロッパ(中世フランス)をコンセプトにしたテーマパークです。ウェディングフォトを撮りに来るベトナム人も多いです。日本でいう「志摩スペイン村」、「ハウステンボス」的なテーマパークです。が、仏教寺院もあります。上の写真は寺院からの眺めです。ハロン湾のテーマパークでも同じことを感じましたが、統一感がないのがベトナム(というかサンワールド?)の特徴です(笑)

国境を接しているせいかめちゃくちゃ中国人観光客が多いです。日本人観光客は数人しか見かけませんでした。さくっと回れば半日、じっくり回っても一日あれば十分かと思います。正直、それほど特別感はないので、折角のベトナム旅行の行先には含めなくてもいいかなとは思います。

f:id:ukey66:20191029145925j:plain
f:id:ukey66:20191029145941j:plain

日中は観光客で溢れます。観光客が映らないように記念写真を撮るのは不可能です。しかし、夕方以降日帰りの観光客が帰り、だいぶ人が減るので、テーマパーク内のホテルに泊まれば、夜から早朝にかけて人を避けて写真撮影することが可能です。僕らは三脚を使ったセルフウェディングフォトを撮るのが目的だったので一泊しました。

ゴールデンブリッジ(神の手)を訪れる時間帯

f:id:ukey66:20191029151624j:plain

特別感がないと言いましたが、巨大な掌に乗った橋には興味がある方は多いと思います。これに関してはユニークなので訪れる価値はあるかと思います。ただ、残念ながら人混みが凄いです。テーマパーク全体と同様、人混みを避けるなら宿泊して、朝一に訪れるしかありません。考えることは皆同じなので、宿泊客の多くも朝一でゴールデンブリッジに向かうため、そこそこ人はいますが、日中より遥かに人口密度はマシです。

ダナン市街地からバナヒルズまでの行き方と料金

f:id:ukey66:20191029152335j:plain

一番安いのはレンタルバイクですが、多くの人の選択肢としてはGrabバイク・タクシーか普通のタクシーになると思います。ダナン中心地から駐車場まで片道1時間ほどの距離で、Grabでの料金は2000円前後です。普通のタクシーだとそれよりもう少し高くなります。駐車場からは無料シャトルバスに乗ってケーブルカー乗り場に向かいます。ケーブルカー乗り場で入園料を兼ねたチケットを購入します。大人750,000VND(約3500円)です。ちなみに、ガラス張りのかごだけでなく、格子タイプのかごあります。選んで乗れるかは分かりませんが、帰りは運良く格子タイプに乗れました。